Loading...

清朝 青花唐草文皿

SOLD OUT

清朝初期に福建諸窯で焼かれた青花皿。過去の王朝の元号を刻む「寄托様式」で、高台には嘉靖年製銘が入る。薄造りの器体に描き込まれた唐草文は瀟洒で軽やかな印象を放ち、深い呉須の発色が初期伊万里や藍九谷を連想させる。

口縁にニュウが一本見られる。高台内のニュウは表には通っていない。保存箱付き。

W15.5cm×H2.3cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.