Loading...

蛇韻律

クメール 褐釉小壺 12〜13世紀

¥9,200

9世紀から15世紀まで東南アジアに存在していたクメール王朝で作られた小壺。クメール陶器は1970年代までその正体は謎に包まれており、その後の研究によって、今日では東南アジアで最初の施釉陶であることが確認されている。

インドや中東の影響から徐々に脱却し、仏教に移行し始めていた頃の作だろう。ぽってりとした胴に小振りな首がクメール陶器の特徴を示しているが、ヒンドゥー色は幾分控え目である。高台が糸切りの平底ではないため、タイ製の可能性も疑わなければならない。

いずれにせよ、色斑のある滋味深い褐釉は東南アジアのそれであり、かつての栄華を思い起こさせる貴重な作品には違いない。

この時代のものとしては全体的に状態は良好。胴に一箇所窯キズが見られ、注ぎ口に微かな欠けがある。

W12cm × H11.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。