Loading...

蛇韻律

アフガニスタン 角杯型彩文土器 紀元前10〜8世紀

¥32,000(税込)

アフガニスタンで出土した角杯型の彩文土器。 その器形は切断した動物の角に酒を注いで飲む遊牧民族の文化に由来する。履き古したブーツのようなくたびれた器形がどこか可愛げで、猛々しい酒宴のイメージとは程遠い。

古代ペルシャには突端部に小さな流出孔のあるリュトンという容器があり、献酒の際にそのリュトンを通して酒を注いでいた。この土器は流出孔がないため厳密にはリュトンとは異なるが、同じ系譜に属するものだろう。

土の付着があるが特筆すべきダメージはない。銀化しかけた表面に、先史時代特有の特徴的な彩文がうっすらと確認できる。底が成形されているため自立可能。

W10cm × D18cm × H10cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。