Loading...

蛇韻律

台湾 鶯歌 閃光釉椰子絵豆皿 20世紀 3枚セット

¥5,800

60年代に台湾の鶯歌で焼かれた小皿。口縁部のオレンジがかった光沢は「閃光釉」と呼ばれるもので、当時の台湾の陶磁器によく見かける特殊な釉薬。

絵付けは温暖な台湾には馴染み深い椰子。しかしその向こうに見えるさざ波が赤い顔料で描かれているのはなぜか。60年代は白色テロが最も激化していた時期である。まるで故郷の海を赤く染める、同胞の流した紅血を表しているようではないか。

この時代の鶯歌の雑器は大ぶりのものが多く、その多くが破損している。これほど小さいものが無傷で、なおかつ複数個見つかることは珍しい。

W7.5cm × H2cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。