Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 粉青沙器 象嵌青磁平盃 15世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮初期に焼かれた象嵌青磁の平盃。鼠色の胎土に白土で渦巻状の象嵌が施され、青みのある透明釉が施されている。いわゆる粉青沙器と呼ばれる、高麗青磁の系譜に属するものである。

高麗が青の時代とするなら、李氏朝鮮は白の時代。その過渡期の焼き物であった粉青沙器は、16世紀の壬辰倭乱(豊臣秀吉の朝鮮侵略)によって多くの窯が破壊され、大勢の陶工が日本に連れ去られたことで衰退の一途を辿った。

貫入に紛れてニュウがありそうだが、通常の使用には問題ないだろう。いびつに傾いた器形に、数奇な運命を辿った朝鮮陶工たちの息遣いが聞こえてくるようである。

W12cm × H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。