Loading...

蛇韻律

中国 定窯 瑞獣三足白磁香炉 11〜12世紀

SOLD OUT

北宋時代に焼かれた白磁香炉。厳正な器形と純白色の胎土、やや青みのある透明釉が定窯の特徴を示している。

この香炉は定窯が官窯であった頃の作品だろう。宮廷用器、あるいは貴族階級の者が使用していたと思われるが、華美な印象は受けない。むしろ凹凸に溜まった釉薬が創り出す陰影など、一見目立たぬ部分にこそ美しさが潜んでいる。

耳の裏に土が付着していることから出土品と思われるが、表面は非常に艷やか。瑞獣の額と底にニュウが見られるが、表面にしか入っておらず中には通っていない。

W11.5cm × H11cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。