Loading...

蛇韻律

ビルマ 籃胎漆煙草容器 5点セット 19世紀

¥22,800

ビルマ(現ミャンマー)で作られた漆器。いずれも刻み煙草ないし薬草類を入れる容器だと思われる。筒状の二つは竹をそのまま用い、あとの三つは竹を編んで素地を作る籃胎という技法が用いられている。

多民族国家であるミャンマーには135もの民族が確認されており、未だ政治的に安定していない地区が多くあるため、産地や時代の考証は困難を極める。この漆器群は黒漆が透けていること、また無臭であることから100〜150年程は経過していると思われる。産地については不明であるが、書かれている文字から推測するにシャン州の少数民族の作だろう。

ビルマにはセポレイという葉巻に似た手巻き煙草の喫煙文化がある。煙草の葉の含有量は少なく、トウモロコシやハーブなどの葉で香味をつけたものとして古くから人々に親しまれてきた。イギリス植民地以前の宮廷詩人の詩にも、愛しい人に向けて手製の煙草を送るさまが詠まれているなど、ビルマの文化に深く根ざしたものである。

全体的に経年劣化が見られるが目立つ破損はない。

Box
W15cm × D10cm × H8cm

Cylindrical container A
W4cm × H20cm

Cylindrical container B
W6cm × H12cm

Pouch A
W9cm × D8cm × H4cm

Pouch B
W10cm × D8cm × H3cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。