Loading...

蛇韻律

南宋 青白磁日月壺 12〜13世紀

SOLD OUT

越州窯系の窯で焼かれた日月壺と呼ばれる青白磁の壺。三国(呉)~西晋時代の神亭壺を祖型とする、江西省を中心に普及していた明器である。中には丸めた経典が入れられた。

こちらは中位に廻らされた十二神将が七体に省略されているなど、意匠が簡略化されている点が目立つことから南宋時代の作と思われる。当時は越州窯の衰退期であったが、それは厚葬文化そのものの衰退にも符号する。

日月壺は龍文と虎文、あるいは太陽文と月文とで対をなす。この壺には龍が施されていることから、かつて対となる虎文の壺が存在していたことが分かる。

小さな欠けがいくつかあり、また高台が水平でなく多少のぐらつきがあるが、総じて状態は悪くない。

W9cm × H23.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。