Loading...

蛇韻律

安土桃山時代 織部焼 平盃 17世紀

SOLD OUT

中心に向かって流れる緑釉が美しい平盃。安土桃山時代の美濃地方で焼かれた、織部焼と呼ばれる美濃焼の一種である。

織部焼は千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で創始された。交趾焼をアレンジしたような斬新な形のものが多いが、この平盃は極めてプリミティブな印象を受ける。貿易でもたらされた東南アジアの古陶を参考にしたのだろうか。

政府管理の窯で焼かれていた織部焼には信長・秀吉の意向が色濃く反映されており、国策としての側面を持ちながら非文明への憧憬(半ば空想であったが)が見え隠れするところに当時の美意識の特殊性が窺える。

広範囲に亘る口縁の直しと、高台にいくつかの欠けがある。表題は平盃としたが、大きさがあるため皿として使用することもできるだろう。

W15cm × H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。