Loading...

蛇韻律

タイ 青磁人形 15〜16世紀

¥9,000(税込)

タイのサワンカローク窯で焼かれた青磁の人形。15世紀頃に盛んに作られた母子像の一種と思われるが、赤子の代わりに瓶のようなものを抱いている。

顔の左頬の突起はコブか、あるいは何かを口に含んでいるのだろうか。髪は結われておらず短髪であり、乳房もよく見ると不自然。まるで女性的特徴を有した男性のようにも見え、ラーンナーの仏教説話に登場する両性具有への関連を窺わせる。

首と左腕が補修されているが、左腕はなぜか緑の顔料が全体に施されている。意匠のみならず、補修跡にまで狂気を感じさせる奇特な人形である。

W5.5cm × D4.5cm × H11cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。