Loading...

蛇韻律

瀬戸焼 麦藁手 火消し壺 19世紀

¥19,000(税込)

江戸末期頃に焼かれたであろう瀬戸焼の壺。火の付いた炭を入れて蓋をし、その炭を再利用するために用いれられていたものだが、蓋は欠失している。

麦藁手と呼ばれる伝統的なストライプの意匠が施されているが、この壺に限っては配色や器形に西洋文化への近接が感じられるのは気のせいであろうか。双耳の形状もそれまでのものとは大きく異り、開国期のムードが充満した作風となっている。

本来は台所に置かれ酷使される雑器。しかし使用頻度は少なかったようで、口縁部と高台に一箇所ずつ直しがあるものの、それ以外に特筆すべき瑕疵はない。

W20cm × H20xm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。