Loading...

蛇韻律

布志名焼 緑褐釉茶碗 19世紀

¥13,000(税込)

流れ落ちる緑褐釉が美しい茶碗。釉調や器形が朝鮮半島の伊羅保茶碗(日本からの発注品)を思わせるが、高台に螺旋状の釘彫がなく時代も下る。山陰の旧家から出てきたということもあり、布志名焼である可能性が高い。

島根県松江市玉湯町の焼き物である布志名焼は、松江藩の御用窯として江戸中期に開窯。江戸後期には当地の藩主であり代表的茶人であった松平不昧の傘下で民間の窯も次々と開かれた。この茶碗はそれ以降の、おそらく明治頃の作だろう。

日本海を挟んで対岸に位置する山陰と朝鮮半島は、古来より深い関わりがあったとされる。伊羅保と黄瀬戸を掛け合わせたようなこの茶碗が山陰の蔵から出てきたことに、因果めいたものを感じざるを得ない。

W13cm × H7cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。