Loading...

蛇韻律

隠れ切支丹 聖母観音像 17〜18世紀

¥21,000(税込)

長野県中部の旧家から出てきた陶器製のマリア観音像。部屋に設置された二つの神棚の内、片方に祀られていたと聞いている。

隠れキリシタンと言えば長崎の印象が強いが、遠く離れた長野の地にもキリシタンとその殉教の話や、マリア像と考えられる石仏が散在している。特に伊那ではキリシタン大名の存在も明らかになっており、周辺地域において洗礼を受けるものは少なくなかったと推測される。

世代を超えて継承された信仰が、分厚い煤となって像全体を覆っている。底が水平ではないため多少不安定であるが、簡単に倒れるほどではない。左足部に欠けあり。

W7.5cm × D5cm × H17cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。