Loading...

蛇韻律

安土桃山時代 志野焼 小皿 16世紀

¥25,000(税込)

安土桃山時代から江戸初期にかけて焼かれた無地志野の小皿。降り積もる淡雪のような長石釉が器を包み込んでいる。志野焼は美濃焼の一種であり、日本で一番最初に生まれた白い焼物である。

そこに中国や朝鮮の白磁が意識されていることは間違いない。しかしその後の志野焼は、茶の湯の求道的精神に磁器が作れぬ挫折感を複雑に絡ませながら、織部焼という異形の焼き物へと発展していく。それは「白」をひたすら追求した李朝白磁などとは全く別の方向性であると言える。

口縁部に釉切れと裏面にやや大きめの窯傷が見られるものの特筆すべき瑕疵はない。志野の小皿は割れや欠けのある発掘品が多く、これほど状態の良いものは珍しい。

W11.5cm × H2.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。