Loading...

蛇韻律

宋胡録魚文 陶片 14〜15世紀頃

¥6,200

タイでは13世紀頃から中国風の陶磁器が焼かれるようになった。この大皿の陶片は14〜15世紀にスコータイ窯またはサワンカローク窯で焼かれたもので、元代の染付磁器の様式が色濃く反映されている。

魚紋は当時のタイの陶磁器では定番のモチーフだが、一つ一つ特徴のある表情をしており同じものは一つとして無い。この魚紋は黒目が少し上を向いており、珍妙な雰囲気を漂わせている。

陶片ではあるが高台がしっかりと残っているため、洗浄すれば皿として使用することができる。

W15cm × D13cm × H5.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。