Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 黒高麗塩笥壺 15〜16世紀

¥30,000(税込)

李氏朝鮮時代初期に焼かれたであろう壺。そろばん玉のような形をした塩笥と呼ばれるタイプのものである。本来は塩や味噌を入れる雑器であるが、保温性に長けた器形であることから、厳寒用の茶碗として日本の茶人に珍重された。

塩笥は高台が窄まっているものが多いが、こちらは広く、且つ平底で腰の座った姿が印象的。ざくざくとした赤褐色の胎土が北鮮の会寧、明川あたりを思わせ、高麗青磁〜粉青沙器とは別の流れを汲むものであることが分かる。

全体の三分の二が緑褐色を呈しているのは、焼成位置に起因するものだろう。本来は黒い焼き上がりを狙ったと思われるが、その明暗のグラデーションは太極の中に生じた陰陽の神秘を孕み、新たな景色を生んでいる。

特筆すべき瑕疵はなく状態良好。

W13.5cm × H10cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。