Loading...

蛇韻律

京焼 水仙紋花型長皿 18世紀

¥21,000(税込)

見込みいっぱいに水仙が描かれた花型の長皿。京焼系、いわゆる古清水だろう。朝靄を思わせる灰色の釉調は、冴え渡る冬の空気を表しているかのようで、水仙の美しさをより一層引き立てている。

古清水は江戸時代前期、京都の粟田口や清水坂周辺で生産された焼物の総称。18世紀に入ると野々村仁清や伊万里焼の色絵磁器の影響を受け、陶器に純和風な意匠を施す独自の作風を確立した。 

こちらの皿は比較的初期にあたる18世紀前半のもの。伊万里との差別化を図るためだったのか、この時期の作品には赤絵が殆ど見られない。代わりに青と緑が多用され、それが古清水の瑞々しさを際立たせる一因となっている。

小さな窯傷やフリモノがいくつか見られるが、特筆すべき瑕疵はなく状態良好。

W24cm × D14cm × H2.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。