Loading...

蛇韻律

中国 古染付 青花人物紋皿 17世紀

¥23,000(税込)

箒のようなものを担いだ人物が描かれた青花皿。厚手の器壁、土青の鈍い呉須の発色が古染付の特徴を示している。

古染付とは、中国明末の天啓〜崇禎年間(1621年〜1644年)にかけて、景徳鎮窯の民窯で焼かれた粗製の染付磁器。その多くは日本の茶人からの注文によって作られたとされている。東京都国立博物館に同手のものが収蔵されており、注文焼成で一定数の量産が行われていたものと思われるが、同じ図案であっても筆致の差異が目立ち、その複数性が後世における面白みに繋がっている。

西洋人のような顔立ちをした風狂の僧が遠方の山を指差す様は、16世紀以降中国に広まったヨーロッパ式の拳銃を想起させる。多義的でメタフォリカルな古染付の絵付けは時に風刺めいていて、まるで道化のようにこちらを戸惑わせながらも、快味を抱かせる。

高台に数箇所、極小さな欠けがある以外、特筆すべき瑕疵はない。

W20cm × H3cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。