Loading...

蛇韻律

美濃焼 鉄絵染付摺絵皿 17〜18世紀

SOLD OUT

染付が用いられた陶器製の皿。美濃清安寺窯で焼かれた初期御深井にあたるものだろう。時代はいわゆる太白より古く、江戸前期から中期の作と見られる。

その意匠は伊万里を志向しており、重ね焼きの蛇の目がくらわんかを彷彿とさせる。鉄絵と染付、手描きと摺絵といった二対の掛け合わせは一見雑然としているが、第三の輪線に見立てられた蛇の目がそれらを見事に一つに纏め上げ、秩序を形成している。

窯傷と極小さな欠けの直しがあるが、概ね状態良好。当時の美濃の凋落と瀬戸の繁栄を結ぶミッシングリンク的な性格を持つものとして極めて重要な作品。

W22cm × H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。