Loading...

蛇韻律

中国宋時代 双耳小壺 12〜13世紀

¥23,800

南宋時代に磁州窯系の窯で焼かれた双耳の小壺。白化粧した素地に黒泥を掛けた後、黒泥のみを掻き落として模様を描く「掻落し」の技法が用いられている。

朝鮮半島の掻落しは間違いなく磁州窯から伝わったものであるし、とぼけた表情の魚からはタイの宋胡録の源流を感じ取ることが出来る。 磁州窯の作陶がいかに先駆的であったかをこの壺がよく語っている。

使用された形跡がなく内部は綺麗だが、高台には古色がある。底の部分に焼成時に入った亀裂があり修復されているが、水を長時間入れる場合は落としを使用するとよいだろう。

W14cm × H11cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。