Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 堅手白磁平盃 17〜18世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代の白磁平盃。民窯で焼かれた堅手の一種で、見込みの雨漏りや裏面の赤みなど見どころが多い。粉青沙器から白磁に移行した直後の作と思われるが、高台脇まで施釉されており、18世紀まで下る可能性がある。

李氏朝鮮では、迫害された仏僧が陶工となり、白磁を焼いたという話がある。真実は知る由もないが、当時の世相に鑑みると、そういった人の生があったとしても何ら不思議ではない。どこまでも清浄なこの白に、僧侶たちの苦難が偲ばれる。

出土品だが、特筆すべき瑕疵はなく状態良好。

W14cm × H3.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。