Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 堅手茶碗 18世紀

李氏朝鮮時代の堅手茶碗。柔らかな半磁質の器体にびっしりと貫入が入り、いわゆる堅手とは幾分印象が異なる。後期分院のような手取りの重さもなく、李朝中期頃の民窯の作と推測される。

北鮮の熊川茶碗を思わせる丸みを帯びた器形でありながら、目の細かい貫入や渦巻き兜巾、豪快な目跡といった井戸茶碗の作法が随所に表出している。井戸に関連する南鮮の窯が、熊川茶碗を意識して作ったのだろう。北鮮の作品が慶尚南道(半島南東部)の港から日本に出荷されていた事実を勘案すると、それらが南鮮の作風に影響を及ぼしていたことは容易に想像できる。表題は堅手としたが、熊川形の井戸脇とでも呼ぶべき南北の地方色を併せ持った茶碗と言える。

長年使用されず仕舞われていたため、見込みには初々しさが残る。茶渋の付着はあるものの、使い込むことで更なる変化が期待できるだろう。

特筆すべき瑕疵はなく状態良好。二重箱(合箱)付き。

W14cm×H7.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。