Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 粉引茶碗 16世紀

光沢の少ない柔らかな質感の粉引茶碗。小さな高台から口縁まで直線に開いた朝顔型の器形に、かつての高麗青磁の面影を残す。

粉青沙器の一種である粉引は、井戸と同様、白磁のような白い焼き物を目指して作られている。時とともに汚れ、染みが付き、当初の輝きを失っていくこれらの粗質白磁は、京畿道広州の良質な白磁の台頭によって16世紀初頭には姿を消した。

こちらの粉引茶碗は目跡がなく、火間も出ていないが、「宝城」の系統に属するものだろう。赤褐色を呈した滑らかな胎土は古唐津を思わせ、朝鮮半島と日本列島の地質の連続性を感じさせる。

長年土中にあったため、全体に薄っすら土汚れと、高台内に土の固着が見られる。口縁部に一箇所極小さな釉薬の剥離が見られるが土臭もなく、特筆すべき瑕疵はない。古箱付き。

W17cm×H6.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。