Loading...

蛇韻律

元朝 初期青花 兎紋茶碗 13〜14世紀

SOLD OUT

元時代の景徳鎮で焼かれた青花の茶碗。後に栄華を極める青花白磁とは異なる、安穏で素朴な印象を受ける。

景徳鎮で青花を誕生させたのは、戦禍を逃れて南下した磁州窯の陶工と画工であったと言われている。それは初期の青花が鉄絵や赤絵への類縁性を感じさせる所以であり、こちらの茶碗に描かれた野兎の絵付けも、もとは北方騎馬民族に好まれた意匠である。

土中で生じた変色と一部釉薬の剥離、高台にホツが見られるが、土臭はなく、ニュウや割れなどの瑕疵もない。

W12.5cm × H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。