Loading...

蛇韻律

無地唐津 平盃 16〜17世紀

SOLD OUT

桃山から江戸初期の間に焼かれ、長らく土中に埋まっていた唐津焼の小皿。初期の唐津焼で盛んに用いられた灰釉が、鈍い暗緑色を呈している。飯洞甕のいずれかの窯のものと思われるが、この手の小皿は肥前各地で焼かれていたため判断が難しい。

器形の歪みが偶然にも注口状になっているため、片口のような使い方ができるかもしれない。全体的にカセてはいるが、艶は広範囲に残っており実用には差し支えないだろう。

W10.5cm×H2.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。