Loading...

蛇韻律

上野焼 粉引茶碗 17〜18世紀

SOLD OUT

江戸中期に焼かれた上野焼の茶碗。李朝粉引のような釉調が、薄く丸みを帯びた器形も相まって柔和で繊細な表情を生んでいる。

大名茶人である細川忠興の庇護下にあった上野焼は、同じく李朝の陶技が底流にある唐津焼や高取焼に比べ、茶陶としての側面が際立っている。古上野と呼ぶには幾分若いこちらの茶碗は、上野の窯ノ口と岩谷高麗、高取の内ヶ磯の陶工らが合流し開窯した皿山本窯の作と推測される。

曇天に翔ける雷霆の如く現れた鈍色の三段火間。釉薬ではなく、下地の白泥を掛け残している点が半島のものとは異なる。それが技法の誤解によるものなのか、実用を重んじた改良であったのかは定かではない。

極小さな釉薬の剥離や窯傷、見込みに若干のカセが見られるが、それ以外に特筆すべき瑕疵はない。

W13cm×H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。