Loading...

蛇韻律

丹波焼 お歯黒壺 18〜19世紀

SOLD OUT

19世紀以前の日本や中国南西部・東南アジアには、既婚女性が鉄分を含んだ専用の液体で歯を黒く染める風習があった。この小壺はその液体を入れるために日本で用いられていたもので、「お歯黒壺」と呼ばれている。

おそらく丹波(現在の兵庫県)で焼かれたものだろう。黒々とした内部を覗くと、剥落した釉薬が底にこびりついており、奈落の様相を呈している。

中央やや上部の割れから水が漏れるが、底部からの水漏れはないため花入れとしての使用に問題はない。

W12cm × H10cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。