Loading...

蛇韻律

八代焼 立鶴六角酒器 18〜19世紀

SOLD OUT

肥後、八代で江戸時代後期に焼かれた立ちぐい呑。上野から藩主とともに移動してきた陶工により開窯された八代焼は、八代郡高田に窯があったことから高田焼とも呼ばれる。

六角に縁取りされた口縁と、象嵌によって施された三羽の鶴が嬋媛な印象。高麗青磁の系譜を引く象嵌技法は、半島から技術移入のあった西国の中でも殊に八代焼で多用されている。長らく藩の庇護下にあったことが、精巧で贅沢な装飾が志向された一因であろう。

深い光沢を呈す梅紫色の器面は、阿蘇の火山土に由来するものか。小ぶりながら、八代焼の魅力を余すことなく伝える品である。口に一箇所直し、口縁内に窯傷があるが、その他瑕疵はない。合箱付き。

W5cm×H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。