Loading...

蛇韻律

平戸 白釉徳利 18世紀

SOLD OUT

江戸中〜後期に焼かれた唐津焼の白釉徳利。貫入から酒が染み入ることで変化したであろう淡い薄柿色の肌合いが美しい。

陶胎でありながら、華奢で流麗な器形は伊万里焼を思わせる。磁器の生産も行っていた平戸系唐津の窯のものか、あるいは伊万里焼の陶工が唐津焼の窯で焼いたものだろう。土や出荷港の違いのみでは語ることの出来ない、両者の深い関わり合いを体現した徳利である。

目を凝らさないと分からない程度の共色直しが口縁にある。高台が水平ではないため多少のグラつきがあるが、実用に支障はない。

W9.5cm×H18.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。