Loading...

蛇韻律

木原茶碗 18世紀

SOLD OUT

平戸系唐津に分類される木原窯で江戸前〜中期に焼かれた陶胎染付の茶碗。くすんだ呉須の色味が初期伊万里を彷彿とさせる。

元々絵唐津の大皿などを焼いていた木原窯では、磁器への発展過程で陶胎染付が焼かれた。開窯したのは朝鮮陶工であったが、染付の作風には景徳鎮や中国南方の民窯の影響を感じさせるものも多く、唐津に明の技術が流入していた可能性を窺わせる。

一部窯傷や釉切れが見られる以外、特筆すべき瑕疵はない。木原茶碗は大半が発掘品であり、ここまで状態の良いものは希少である。

W13.5cm×H7.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。