Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 北鮮粉引平盃 16〜17世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代の中期以降に焼かれた粉引平盃。砂利の混ざった鉄分の豊富な土質が、朝鮮北部の会寧〜明川の作であることを示す。

高麗で統一をみた朝鮮半島であったが、かつて渤海の領土であった東北地域出身者は、李氏朝鮮の頃に官吏登用から排除されるといった差別があった。南北の文化的差異には、風土の違いは元より、民族や内政事情が多分に含まれていると言える。

褐色の胎土に白化粧が施され、その上から透明釉が掛けられたこの平盃は、磁州窯の白無地の作品に通ずる感触を有しており、半島の南端で焼かれた粉引とは別種と考えるのが適当であろう。

縁に直しとニュウ、見込みに汚れの固着があるが、他に瑕疵はなく水漏れもない。

W11cm×H3.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。