Loading...

蛇韻律

三島唐津 小服茶碗 17世紀

SOLD OUT

象嵌が施された古唐津の茶碗。椎の峰山窯で焼かれたものと思われるが、武雄南部の象嵌作品にも近い雰囲気がある。

半島の粉青沙器を思わせる輪線状の象嵌に、暗緑色の灰釉が掛けられている。文禄・慶長の役後に新たに渡来した朝鮮陶工による作だろうか。岸岳落城後の古唐津の本流とも言える、南鮮の影響を色濃く映し出した作風である。

発掘後の使用による艶を帯びた肌と、片手で扱える程の小ぶりな大きさが好ましい。二箇所金直しあり。

W9.5cm×H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。