Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 堅手茶碗 15〜16世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代初期に焼かれた堅手茶碗。器形は波打ち、高台の処理も粗放であるが、ほぼ完全な磁器質が得られている。

当時の民窯で焼かれた陶磁器は、主に窯の近隣に居住する住民が使用していた。見込みの鏡落ちは、堅手においては慶尚南道の作にしばしば見られることから、その周辺の特権層に供給されていたものと推測される。

胎土に含まれる微量の鉄分によって、白磁は青みを帯びる。しかし、この寒凪を思わせる澄んだブルーになるとは、陶工自身も予期していなかっただろう。

高台の凹凸は胎土目を外した痕跡。口縁部と見込みにニュウが見られるが水漏れはない。

W14cm×H6.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。