Loading...

蛇韻律

タイ 双耳青磁小壺 15世紀

¥8,000

タイの古陶磁窯であるサワンカロークで15世紀頃に焼かれた小壺。用途は定かではないが、香油を入れていたという説や、植物の種子を入れていたという説がある。

タイの陶磁器のスタイルは、中国の陶工による技術指導によって13〜14世紀頃に成立した。宋や元代の青磁、青花の模倣から出発し、後期になると国風化された様式を示し始めたが、惜しくも17世紀頃に廃窯を迎えた。

この小壺も例に漏れず龍泉窯系統の作風を踏襲しているが、先の尖った瓢箪のような器形には独創性が感じられ、また初期に見られる器形の歪みも見られないことから中期以降の作であると考えられる。

特筆すべきダメージはなく、状態は極めて良好。狭く細い口は振り出しや一輪挿しに最適である。

H10.5cm × W7.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。