Loading...

蛇韻律

チャンパ 無地灰釉鉢 16〜17世紀

SOLD OUT

ベトナム中部チャンパ王国(192–1832)で焼かれた鉢。竹節気味の堅牢な高台と硬く焼き締められた肌理の細かい露胎が、剥がれゆく釉薬とは対照的に永年の強さを感じさせる。

ヒンドゥー系及びイスラム教を受容したチャム族を主とした都市国家であるチャンパ王国。文化的にも中国の影響下にあった北部安南とは異なり、インドの影響色濃い遺構が今もベトナム中南部に残る。

日本においてチャンパの名は、瀬戸の茶道具に付属する占城裂(チャンパ裂)として古文献に現れる。それが真にチャンパのものであるかは定かではないが、古来から海洋貿易で栄えたチャンパとの交易によって日本に齎されたものであることは間違いないだろう。

成型時のコテ跡に溜まった灰釉が、器面に朧げな輪線を写し出している。口縁を始め全体に釉薬の剥落が見られるが、欠けやニュウはない。

W16cm×H7cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。