Loading...

蛇韻律

絵唐津 皮鯨手沓片口茶碗 17〜18世紀

SOLD OUT

江戸中期頃の絵唐津の沓片口茶碗。椎の峰山窯で焼かれた献上唐津に属するものだろう。桃山〜江戸初期の甕屋の谷窯の系譜を引く、茶の湯の影響を色濃く映し出した作である。

唐津焼の作風には、秀吉の九州出陣に従軍した古田織部の影響が指摘されている一方、鉄絵付けや登り窯の仕組みは、唐津から美濃へ伝えられたと言われている。それは西方に起源を持つ唐津焼の技術が東方に伝播し、美濃で完成を見た織部の意匠が唐津へと逆流したことを示す。

沓形に歪ませたこの片口茶碗にも、両地の相互作用がよく表れている。磁器生産が拡大していた時代にあって、茶陶に活路を開いた唐津焼の一つの到達点と言えるだろう。

特筆すべき瑕疵はなく、伝世味のある質感に育っている。「唐津 茶盌」と書き付けられた古箱が付く。

W14cm×D12cm×H8cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。