Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 堅手茶碗 16〜17世紀

SOLD OUT

李朝中期に焼かれた粗質白磁の小ぶりな茶碗。腰の丸みと口縁の端反り、見込みの鏡落ちが熊川茶碗を思わせる。

粉引のように柔らかな質感を持ちながら、白化粧は施されていない。慶尚南道産の堅手の一種、柔手(やわらかで)に属するものだろう。側面には火間が出現しており、およそ堅手とは思えない豊かな景色を生んでいる。

発掘品であるがカセは少なく、艷のある器面を保っている。窯傷や汚れ、ニュウが見られるが割れや欠けはなく、水漏れもない。合箱付き。

W11.5cm×H6.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。