Loading...

蛇韻律

美濃焼 黄瀬戸緑釉小皿 17世紀

SOLD OUT

桃山時代の黄瀬戸の系譜を引く美濃焼の小皿。江戸時代初期に大川東の連房式登窯で焼かれたものだろう。

薄掛けした木灰釉による光沢のない器面に、複雑な発色の銅緑釉が浮かぶ。中国華南の交趾三彩の影響を感じさせる、織部好みの意匠である。

表題は黄瀬戸としたが、厳密には区別される。口縁に共色直しが幾つかと、ニュウが一本ある。

W12.5cm×H2.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。