Loading...

蛇韻律

古高取 朝鮮唐津 茶碗 17世紀

SOLD OUT

江戸時代前期に筑前で焼かれた朝鮮唐津の茶碗。ガラス質の際立つ飴釉と藁灰釉が溶け合い、複雑な青を生み出している。

荒削りな轆轤目により、やや角張った印象を受けるこの茶碗は、高取内ヶ磯窯で焼かれたものだろう。美濃や唐物の影響を受けた多彩な器種を生み出した内ヶ磯窯であるが、創始段階では唐津からの築窯、焼成技術の移入が指摘されており、初期の作品には唐津焼の名残を感じさせるものが少なくない。

藁灰釉を用いた幻想的なこの意匠は、魯山窯、鈞窯といった中国の諸窯に端を発し、北鮮の陶工によって唐津に齎されたと言われている。磁器焼成の開始と共に一度は姿を消したように思われたが、上野・高取といった国焼に引き継がれ、後に日本の民芸陶を代表する意匠の一つへと発展したのであった。

見込みの窯傷二箇所と、器面のスレ以外に目立つ傷はない。

W12cm×H7cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。