Loading...

蛇韻律

絵唐津 蔓草文茶入 17世紀

SOLD OUT

江戸前期に焼かれたであろう絵唐津の小壺。塩笥壺を思わせる算盤型の胴体から、緩やかに立ち上がる口縁が印象的。茶入として伝世しているが、元は調味料等を入れていた台所の雑器であったと思われる。

高台には無数の籾殻跡があり、胎土の鉄分が浮き出しているのが見える。慶長の役後に渡来した朝鮮陶工によって開窯された、平戸系小森谷窯の作だろうか。四方に伸びる蔓草紋が、雲集霧散を繰り返した陶工たちの足取りを表象しているかのようである。

特筆すべき瑕疵はなく状態良好。蓋、仕覆、合わせ箱が付く。

W8cm×H6.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。