Loading...

蛇韻律

中国南方 染付煎茶碗 17世紀

SOLD OUT

明末清初に福建省〜広東省周辺の窯で焼かれた煎茶碗。景徳鎮を想起させる絵付けだが、このような粗製の煎茶碗は主に南方の民窯で作られることが多かったようで、景徳鎮における出土例は極めて少ない。

生掛けの釉薬や淡い発色の絵付けは日本の伊万里焼の初期作にも通ずるが、それは伊万里と中国南方の窯が、同時代に景徳鎮を参照していたことを示している。

特筆すべきダメージはなく状態良好。

W5cm × H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。