Loading...

蛇韻律

高麗 青磁陰刻輪線文小碗

SOLD OUT

高麗時代末期に焼かれた青磁の小碗。小振りな高台から膨らみを持って立ち上がり、口縁はやや内湾する。口縁外側には三本の輪線を施し、豊かな青磁釉が器壁に滴る。

仏教と共に伝来した喫茶の風習は高麗時代に最盛期を迎え、茶碗を始めとする多くの茶道具が作られた。この種の小碗は抹茶を点てるには適さないことから葉茶(煎茶)を喫するための茶杯か、または祭祀道具であったと推測される。

高台に一箇所ホツが見られるが、それ以外に特筆すべき瑕疵はない。

W8cm×H5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment