Loading...

蛇韻律

黒唐津 小徳利 16世紀

SOLD OUT

桃山〜江戸初期に焼かれた黒唐津の小徳利。肩部と注口に少量の藁灰釉が施されており、朝鮮唐津と言っても良いだろう。

高台の広範囲に引っ付きがあるため分かりづらいが、板起こしのようである。朝鮮唐津の名品を数多く焼いた藤の川内の作か。この手の小徳利は大半が雑器の生まれであるが、こちらは肩の張り出した器形や、金平糖が難なく出し入れできる口径から、振出として焼かれたものかもしれない。

肩部が僅かにカセている以外、特筆すべき瑕疵はない。この手の小徳利は多くが欠けており、状態の良いものは貴重である。合箱付き。

W6.5cm×H7.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。