Loading...

蛇韻律

瀬戸焼 馬の目皿 19世紀

¥13,800

かつて日本の愛知県で焼かれていた陶器製の皿。民衆向けの雑器として大量生産されていたものだが、その生産期間は江戸後期から明治初期に限られる。

鉄絵で皿の内側に、縁に沿うように渦巻き模様が大胆に描かれている。 それはまるで昂揚した馬の眼のように見えることから、日本では馬の目皿と呼ばれている。

いくつかの欠けとニュウがあるが、非常な堅牢な作りのため実用に問題はない。

W26.5cm × H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。