Loading...

蛇韻律

後黎朝 青花菊唐草文杯

SOLD OUT

大越国(現ベトナム北部)の後黎朝期に焼かれた盃。高さのある高台を有し、菊花や蔓草、蓮弁を滲みのない明瞭な筆致で描く。明朝に海禁令が敷かれていた当時、ベトナム青花は中国青花の代替品として南海諸国へ盛んに輸出されたが、本作は国内の宮廷で用いられた上手の作。単一で焼成されており、小さな盃類に多い伏せ焼きの跡が無い。

土中にあったようだがカセは無く、状態は極めて良好。発掘後にある程度使用されていたようで、見込みに柔らかな光沢が見られる。

W8cm×H7cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment