Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 北鮮粉引青画豆皿 2枚組 18〜19世紀

SOLD OUT

朝鮮半島北部で焼かれた小皿。白化粧が高台内まで施され、絵付けに濃いコバルトが使用されていることから李朝後期の作と思われるが、南鮮の粉引や青画とは別種と考えるのが自然だろう。

北鮮の主要な窯場として、咸鏡北道の会寧・明川が知られるが、いずれのものとも土質が異なる。中央に書写された漢字の意匠は華北の影響を強く感じさせ、土質と意匠の両面から見ても、会寧・明川とは異なる血統を引く窯で焼かれたことが分かる。

発掘品のため汚れやホツが見られるが、割れや欠けはなく、ニュウも見当たらない。

W9cm × H2cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。