Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 堅手茶碗 16世紀

李朝中期の堅手茶碗。慶尚南道で焼かれたものと思われるが、鉄分の多い茶褐色の胎土に柔らかな白釉が薄く掛かるさまは、北部で焼かれた野陶の姿を連想させる。

半島の南北に位置する慶尚南道と咸鏡北道の作行きには、不思議と共時性を感じさせるものが少なくない。熊川茶碗の名が示すとおり、咸鏡北道で焼かれたものは一度南を経由し、熊川港(慶尚南道)から日本に出荷されていた。慶尚南道の堅手、なかでもこの茶碗のような柔手(やわらかで)と呼ばれる一群は、それらを模倣し、生み出されたのではないか。

長年使用されていた発掘伝世品。荒れ狂う高台の中央に浮かぶ渦巻兜巾に、茶人が夢想した小宇宙を見る。ニュウが数か所に通っているが、漆と金で直されており漏れはない。組み木の合箱付き。

W14cm × H5.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。