Loading...

蛇韻律

萩焼 唐人笛茶碗 18世紀

SOLD OUT

江戸中〜後期頃に焼かれた萩焼の茶碗。粗く、鉄分の少ない大道土に土灰混じりの長石釉が掛かり、深い見込みと割高台を有する。

唐人笛と呼び習わされる特徴的な杉形は、朝鮮の呉器茶碗をアレンジしたものだろう。器壁に施された面取りは、険しく切り立つ断崖を思わせ、萩特有の柔和な作行きに一種の厳しさを添えている。

無数のピンホールから薄く広がる枇杷色の染みが美しい。金直しが数か所見られるが概ね状態良好。合箱付き。

W11cm×H10.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。