Loading...

蛇韻律

中国南方 染付茶碗 16世紀

¥8,000

明末清初に中国南方で焼かれた染付茶碗。フィリピンやタイに同手のものが多数出土していることから、輸出用に大量生産されていたものと思われる。安南焼にも通じる呉須の滲みや、青みの強い白磁が特徴として挙げられる。

中国南方という土地柄、中国とも東南アジアともつかぬ、その両者の間を揺れ動くような作風が魅力の一つであり、またその図案は実に多種多様である。この茶碗に描かれているのは簡略化された唐子だろう。

雑器として酷使された形跡はなく状態良好。釉薬がしっかりと残り、滑らかな手触りを保っている。高台に描き込まれた墨文字は元々の所有者のサインか。

W12.5cm × H5.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。