Loading...

蛇韻律

瀬戸焼 白磁盒子 19世紀

SOLD OUT

幕末明治頃に瀬戸美濃地方で焼かれた半磁胎の盒子。化粧品や薬を入れていたものだろう。後のアールデコを先取りしたかのような直線的な器形と、宋代の青白磁を思わせる青みがかった透明釉が美しい調和を見せる。

容量、形状共に汎用性が高く、様々な使い方が出来るだろう。ニュウやホツが幾つか見られるが、殆どが古い時代のものであり、馴染んでいる。

W7.5cm×H4.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。